楽譜の風景 Home > PC/etc > ほんとうはいらないもの >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

ほんとうはいらないもの 〜 インフルエンザ・ワクチンとタミフル

インフルエンザ・ワクチンは感染も重症化も防げない代物…そしてインフルエンザは重症化しない病気でもある
2014/10/30

2007年に発行された右の有名な本に記載されていますが、インフルエンザ・ワクチンは感染を防ぐことは出来ないし、そもそもインフルエンザそのものは重症化するものではありません。

ワクチンの副作用の危険性や、そもそも感染を予防できるという論文がなかったため、学校での集団予防接種の義務付けが一度はなくなり、生産量も激減したことが有ります。しかし、また近年過去最高の生産量に達しているようです。

あまりよい状況ではないので、改めてインフルエンザに関する事実を述べます。厚生労働省や製薬会社にダマされないようにしましょう。


インフルエンザ・ワクチンが効かない理由

  1. インフルエンザは鼻・のどに感染するが、インフルエンザ・ワクチンは血液中に抗体を作るため、感染は防げない
    いきなり血液にインフルエンザが感染することはないものです。
    鼻に噴霧するワクチンも作られつつあるが、ウィルスが多く必要で高価なせいか、日本ではあまり使用されていない
  2. インフルエンザは変異のスピードが早く、1人の人のかかり始めと終わりかけですでに形が変わっていることがある
  3. インフルエンザ・ワクチンは作りやすい型の物が作られる(必ずしも最も流行ると予測されるものではない
  4. 有名な「前橋レポート」により、インフルエンザ・ワクチンの摂取をやめても感染率が変わらなかったことが示されている

インフルエンザと脳症は別の病気…タミフルも不要

  1. 脳症はインフルエンザが原因の病気ではなく、別の薬剤が原因の病気と考えられている
  2. 脳症を引き起こす原因の1つは非ステロイド抗炎症剤系の解熱剤であり、現在では治療薬として処方してはいけないことになっている
  3. その後一時的に減った脳症が、タミフルが原因とみられる別のタイプの脳症が増えている(乳児の睡眠中突然死等)
  4. インフルエンザ・ワクチン自体に脳症を防ぐ効果はないという結果が出ている(厚生省研究班、1998年)
  5. インフルエンザによる重症化がないのだから、副作用があるタミフルを処方する必要もない

インフルエンザ・ワクチンの恐ろしい副作用

  1. インフルエンザ・ワクチンは鶏卵の細胞で培養される
  2. 鶏卵から作られたインフルエンザ・ワクチンの副作用として、アレルギー反応(蕁麻疹、呼吸困難)やギランバレー症候群などが発生する
  3. ギランバレー症候群は、神経線維そのものを攻撃してしまう症状で、手足に力が入らなくなる
  4. 2005〜6年に報告されたインフルエンザ・ワクチンの副作用は102人、139件で、死亡3名、後遺症4名(ワクチンメーカー発表)。

海外のインフルエンザ事情

  1. 「子どもたちへの集団接種は効果がある、という研究データは日本には何もなかった。日本では空想的な効果を期待してインフルエンザ・ワクチンを子どもたちに毎年摂取している。だから、アメリカで日本と同じことを実行する価値はない」…アメリカ『Journal of Infectious Diseases』というウイルス学会で世界的権威のある雑誌に掲載された
  2. カナダのパンフレットには「インフルエンザは自然に治る病気です」と書かれている

以上から、インフルエンザ・ワクチンを打つ必要性がないばかりか、恐ろしい副作用も放置された状態であることが分かります。しかも、インフルエンザそのものでは病気は重症化しません。したがって、実はタミフルも全く必要がない薬となります。日本以外ではほとんど処方されていないのはそのためでしょう。

なぜ、嘘や詐欺と思われる情報を厚生労働省が流しているのか。おそらく厚生労働省の天下り先が製薬会社だからなのでしょう。

Webでの解説

  1. インフルエンザ・ワクチンは打たないで!【常識はウソだらけ】 - NAVER まとめ
  2. インフルエンザ・ワクチンは打ってはいけない!(前半)
  3. ワクチン非接種地域におけるインフルエンザ流行状況
    前橋レポートが紹介されています。
  4. インフルエンザQ&A|厚生労働省
    詐欺的情報が絶妙な言い回しで記載されている公的サイトです。