楽譜の風景 Home > PC/etc > ほんとうはいらないもの >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

ほんとうはいらないもの 〜 石鹸、シャンプー、保湿剤、化粧水

2014/6/1

石鹸、シャンプー、保湿剤 new

身体の汚れを洗い流すには石鹸を使わなければならない…これが全く不必要な行為であったばかりか肌を荒らしていたことが、右の本を読んで分かりました。化粧品もほとんどが肌を荒らすものでしかありません。このことは化粧品会社や洗剤メーカーなどの大スポンサーを敵に回すため、マスメディアではまず紹介されることはないでしょう。改めて今回読書の大切さを知りました。

現在では石鹸・シャンプー等を一切使用しておりません。流行りの湯シャンですね。福山雅治やタモリもやってるという。石鹸を使っていた時期より皮膚がサラサラになり、潤いも保たれ、痒みやにおいもどこかに消えてしまいました。髪の毛は程よくワックスが掛かったイメージ。何も着けなくて良くなりました。 手に関しては皮膚が少し厚くなり、ピアノも弾きやすくなったと感じます。

以下、石鹸やクレンジングを使わなくすると皮膚が改善されることを、簡単に箇条書きで説明します。まずは脱石鹸を行った場合の効用から。

脱石鹸の効用

  1. 必要な常在菌を保てるため清潔になります
  2. 皮脂腺が小さくなるので体臭が軽減します
  3. 角質層が厚くなり、毛穴が小さくなるため肌のキメが細かくなります
  4. 髪がしっかりし抜け毛も防げます
  5. 風呂では洗う作業が必要無くなり時間短縮できます
  6. 石鹸を落とすための水が不要となります
  7. 風呂上りの保湿メンテナンスが不要(化粧水、乳液等による)
  8. 石鹸、シャンプー、リンス、ボディーシャンプー、リキッドファンデーション、化粧水、乳液などを購入しなくて良い
  9. 化粧をしている人は地肌が化粧をしていない頃の肌に戻るため、場合によってはしなくてもよい
  10. いろんなボトルが不要になり部屋や風呂場がすっきりします
  11. ピアノ弾きの場合、グリッサンドでも指の皮がめくれたりやけどしにくくなります

時間、お金、空間が有効に使えるようになるばかりではなく、より清潔になります。次に、これらの理由をわかりやすく説明します。

脱石鹸の効用の理由 〜 肌の保湿層を壊すのは界面活性剤、水、油

  1. 皮膚の潤いを保っているのは角質細胞とその隙間にある細胞間脂質のおかげです
  2. 角質細胞には水溶性保湿成分が、細胞間脂質には脂溶性保湿成分が含まれ、それらは何層にも折り重なっています
  3. 角質細胞の層は0.02mmの薄さでもろく、一度剥がれると3,4日回復に時間がかかります
  4. この水と油の層を破壊する代表格が界面活性剤です
  5. 界面活性剤は、その名の示すがごとく、水と油が交じり合わない面(界面)を活性化させるものです
  6. 界面活性剤が皮膚に触れると、薄い角質細胞の層は簡単に壊れ、保湿できなくなります
  7. 界面活性剤は、全ての石鹸・シャンプー・保湿クリーム・液体ファンデ等に含まれています
  8. 石鹸・シャンプー・保湿クリーム・リキッドファンデ・日焼け止めクリームなどを使用すると角質細胞の層が剥がれ、皮膚は潤いを保てなくなります
  9. 更に、水や油でさえも長時間皮膚に着けておくと、角質細胞の層が破壊されます
  10. 長風呂や熱いお湯もよくありません(皮膚のふやけは角質細胞の破壊を示しています)
  11. 化粧水は皮膚に長く水分が付着する状態を作るため、肌を余計に乾燥させます
  12. 目指すはしっとり肌ではなくサラサラ肌です(赤ちゃんのおしりを思い出してください)
  13. 界面活性剤・油の使用をやめ、水はすぐ拭き取るようにすると、角質細胞の層が厚くなり、皮脂腺も小さくなるため、毛穴が小さくなり、きめの細かい肌になります

石鹸が生み出されて以降、人間は肌の保湿層を壊し続けて生活しています。それは避けたほうが良い理由は上記のとおりです。では、石鹸を使わなくても良い理由を以下に説明します。

なぜ石鹸を使わなくてよいのか 〜 肌洗浄には水・ぬるま湯で十分

  1. 人間が皮膚から排出されるもので洗い流すべきものは皮脂と汗です
  2. 皮脂は付着したままでは酸化し過酸化脂質となり、汗は塩分・尿素・乳酸塩などを残し、それぞれ肌を刺激します
  3. 皮脂と汗は水・ぬるま湯だけで洗い落とせます
  4. 皮脂を石鹸などで洗い落としすぎると、足らなくなった皮脂を補おうと皮脂腺が膨張し皮脂が増え、体臭も増えます
  5. 風呂や銭湯でナイロンタオルなどでゴシゴシ体を洗っているおじさんほど臭うのはそのせいです
  6. 肌を守る善玉菌である常在菌は落としてはなりません
  7. 常在菌の存在により肌は弱酸性を保ち、悪玉菌をブロックしてくれます
  8. 常在菌が消えた皮膚は、常在菌が存在する皮膚より不潔と言え、悪玉菌の侵入を助けていると言えます
  9. 唯一、石鹸やクレンジングが必要になるのは、界面活性剤を含む化粧品やヘアワックスを体につけた時のみです
  10. 化粧をしていない部分はすぐに石鹸の使用をやめてみましょう
  11. 化粧品についても界面活性剤を使用しないもの(パウダリーファンデ、おしろい等)に替えて、クレンジングから離れましょう
  12. しばらく、純石鹸でやさしく洗うことで皮膚の回復を待ちます
  13. どんな方も化粧をしなかった頃のイキイキとした肌に戻り、ポイントメイク以外の化粧が要らなくなります

以上が、脱石鹸による効用と、石鹸類が不要である理由、石鹸を使用しなくて良くする方法となります。

ここから詳しく書くため長くなりますので、読む時間のない方もいらっしゃるかと思います。ただ1点だけお伝えしたいことが有ります。 赤ちゃんへの石鹸の使用はとにかくやめましょう。全く必要がありません。ベビーオイルなどという商品名も実にヒドイものです。角質細胞の層を壊すだけのものです。アレルギー防止のためにも石鹸やシャンプーの使用はやめましょう。

さて、上の説明では語りきれない部分を下に追記します。内容が重複している部分もあります。なお、お薦めはあくまで上記に紹介したお医者さんの書いた書籍です。

脱石鹸を試した理由

この冬は背中の肌荒れを食い止めようと、複数人のアドバイスを元に石鹸の使用をやめてみたところ、背中のかゆみ(乾燥)が全く発生しなくなりました。 その科学的な根拠が何かを知りたく、図書館で借りた本の内容があまりに衝撃的でした。

皮膚の潤いを保っているのは0.02mmの角層内にある、角質細胞とその隙間にある細胞間脂質です。角質細胞は表皮細胞が死んで皮膚表面に浮き上がってきたもの。これが薄いながら潤いを保つほぼ唯一の役目を果たしています。しかし、ゴシゴシこすってしまうとすぐに剥がれてしまい、乾燥しやすくなります。

しかし、不要なものもあります。過酸化脂質です。毛包に付属している皮脂腺から出る皮脂は、時間が経つと酸化して、過酸化脂質に変化します。これは皮膚を刺激して炎症を起こします。身体を清潔に保つには、過酸化脂質を取り除く必要がありますが、これは水(ぬるま水)を優しく当てるだけで可能だとのこと。これを落とそうと石鹸を使ったりゴシゴシ洗う必要はありません。

ややこしいことなのですが、逆に皮脂を取り除きすぎると、たくさんの皮脂を補おうと皮脂腺が肥大化して、皮脂がたくさん出てくるようになります。それによって毛穴も広がります。過酸化脂質が増え、体臭も増えます。身体をゴシゴシ洗っているおじさんほど加齢臭が強かったりしないでしょうか。

ちなみに、皮脂が皮膚の潤いを保つという話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは角層のバリアの100分の1の効果しかないことがすでに30年前に明らかになっているそうです。

では、なにを皮膚につけるといけないのでしょうか。界面活性剤、油そして水を含むもの全てです。

クリーム(保湿、ファンデ、日焼け止め等)、クレンジング剤、乳液、美容液

水と油が含まれており、それらが混ざるように界面活性剤が含まれます。水と油が混ざるような機能が、各層に忍び込んだら、角質細胞と細胞間脂質の精巧な層が破壊され、保湿できなくなり、皮膚は乾燥します。クレンジング剤を使わなければならないクリーム系化粧品をやめ、パウダー系のファンデーション等に変えた方が良いです。

夏場を中心に日焼け止めも今は必需品と思われています。しかし、紫外線関連の研究者によると連続15分以内であれば日焼け止めを付ける必要はないとのことです。それ以上当たる場合には、日傘や帽子で日除けするのが良いそうです。どうしても塗りたい場合は、低刺激なワセリンベースの日焼け止め(VUV プロテクト[エメローゼン社])を使用すると、良いそうです。私は普段の通勤などで1日1時間ほどあたっていますが、無対策で色白と言われます。。

椿油、オリーブ油など

油は各層に染み込みます。そして、皮脂と同じく過酸化脂質に変わり、皮膚は炎症を起こし、メラニンが増えてくすみます。皮膚が薄くなることもあり、血管が透けて肌が黒く見え「オイル焼け」という現象を引き起こします。

純石鹸以外の石鹸、ボディーシャンプー、シャンプー

これらにも界面活性剤が含まれます。角層が破壊されるため、身体や頭皮が乾燥したり皮脂が増え、痒く臭くなります。また、髪の毛が細くなる現象も現れるそうです。

シャンプーをやめると、髪がしっかりとしてきます。天然のワックスが着いた状態となり、何も着けなくてもまとまるようになりました。長い髪の場合は絡まることもあるようなので、純石鹸リンス(?)のようなものを使用すると良いようです。

髭剃りについても、泡の使用などをやめると角質層が分厚くなり、水をつけただけで皮脂などが出てくるのか刃の滑りも良くなります。何も着けなくても大丈夫です。

実は手を水に長くつけているとふやけるように、角質細胞がボロボロになります。水を含むクリームを塗ることでも同じ現象が起こり、結果的には皮膚を乾燥させることになってしまうのです。

最良の地肌とは、しっとり肌である、というのも洗脳で、実際はサラサラ肌が最も健康体な肌とのこと。何歳になっても健康な肌は取り戻せるそうです。

発見のいきさつ

これらのことが書かれている「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」の著者は形成外科医で元々は火傷治療が専門の人です。化粧品の研究をして化粧品の会社を設立しようと研究していたとき、肌に悩みを持つ1000人の患者を見ていたら、原因が全て化粧品にあったと分かったとのこと。設立はやめ、肌本来の美しい姿を取り戻す方法を普及させる側に変わりました。

ゼロベースで物事を見つめなおす、科学的に自分で実験してみるというのは、本当に大切なことであることを認識させられました。皆様もお試しください。冒頭に書きました多くの効用が待っています。

Webでの解説・文献

  1. 宇津木龍一先生のスキンケア法とは?: スキンケアのやり方 徹底解説!
  2. 本:「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」
  3. 宇津木式 まとめ|【宇津木式】湯のみで全身を洗う女【湯シャン】 2014/7/6 new
  4. 福山雅治がシャンプーを使わない理由。「湯シャン」が若者の間で流行中! - NAVER まとめ 2014/7/6 new