楽譜の風景 Home > Gallery > Kapustinの世界 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

Nikolai Kapustin からの手紙

1999/10/4 更新

1999年9月に届いたカプースチンの手紙の内容を掻い摘んでご報告します。

  1. 「アムランの演奏する「不屈の民変奏曲」のCDは持っている。アムランの友人から送られてきたものである。彼のことは知らなくはなく、彼のピアニズムには狂喜(enrapture)した。とんでもなくすばらしい!(a stunning thing)」
  2. 「私の楽譜について、(少なくとも)出版されていないものは送ります」
  3. 「発売されていないソナタ(第2,3番)の録音は、これからも出ることはないでしょう。だから、送ってあげるよ。」
  4. 「最近、ドイツでレコーディングを行った」(内容は以下の通り) うーん、24の前奏曲とフーガの貴重な音源が出るわけですね。どうせなら全部録音してくれればいいのに…。チェロ・ソナタも格好良さそう。チェロ奏者については明らかにされていません。
  5. 「アルトサックス協奏曲はピアノリダクション版はあるけれども、オーケストラ版は紛失してしまっている」
  6. 「1980年にピアノ・ソロによる演奏活動は終えている。現在は室内楽奏者としてだけ活動中である。日本に呼んでくれても弾ける曲はないよ!」
  7. 「Sonata-Fantasia = Sonata No.1」
  8. 私の作成した8つの練習曲に関する校訂報告についてのコメント:
    「第5曲の第31小節の指摘は間違っています…<中略>…これは"Blue Note"と呼ばれているものさ」
  9. 「ちょうど今、ピアノのための4つの小品とチェロ独奏のためのIntroduction and Scherzinoを作曲したところだ」
  10. 手紙の最後は次のように締めくくられていました(原文のまま)

    It is the high time to finish this utterly long letter. Once again thank you, どうも有りがとう。

    漢字つきの日本語、しかも、句点がちゃんと「。」(まる)になってる、、、泣けます(^-^)。