楽譜の風景 Home > Gallery >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

スカルラッティ 555曲のソナタ

555曲のソナタから特徴的な作品を中心にご紹介
2014/2/25

Domenico Scarlatti

ドメニコ・スカルラッティ(Domenico Scarlatti, 1685〜1757)没後250年を記念して当ページを立ち上げました。彼の代表的な作品「555曲のソナタ」をいろんな角度でご紹介したいと考えております。バラエティー豊かなこれらの作品をわかりやすくお伝えするために、可能な限り音源を掲載していきたいとおもいます(私の演奏で申し訳ないのですが、無料なので…)。

555曲から特徴的なソナタをチョイス

最短 new

2008/01/03、2014/2/25 更新
ソナタ K431 [楽譜]
スコット・ロスの演奏で最短の47秒。次点がK95の1分18秒。したがって、K431は唯一1分を切る作品です。通常楽譜上2〜4ページが多いスカルラッティのソナタ。これは1ページの作品の一つです。特にこのソナタは、16小節しかありません。

その他1ページもの:K32=24小節、K40(メヌエット):24小節、K42=32小節

最長 new

2014/2/25 修正
【単一楽章曲】ソナタ K104 [楽譜]
組曲を除き、単一楽章作品のなかでは、K104がスコット・ロスの演奏で最長の6分43秒を要します。次点がK426の6分34秒。
【組曲】ソナタ K90 [楽譜]
組曲ではK90が最長の10分を要します。組曲はどれもソロ楽器とチェンバロの合奏で演奏されます。

合奏曲 new

2014/2/25 追加
ソナタ K78、K81、K88、K89、K90、K91 [楽譜]
これら6曲はすべてソロ楽器とチェンバロによる合奏曲です。フルートでは音域が狭く、ヴァイオリンで演奏されることが多いようです。 K81〜91は組曲の形式です。

ソロで唯一の組曲 new

2014/2/25 追加
ソナタ K204 [楽譜]
全2楽章形式で合計8分50秒の作品。カークパトリックによる分類によれば唯一のソロ組曲になります。なお、ロンゴ版にはこの作品は含まれていません。

同音連打が最長

ソナタ K141 (Allegro) [mp3]、[楽譜]
曲の半分が同音連打。冒頭も長いですが、中間部では更に長く、23小節連続します。

最もしつこい

ソナタ K27 (Allegro) [mp3] [楽譜]
スカルラッティは同じ音型を3回繰り返すという特徴がいろんな曲でみられます。しかし、この作品は、ほぼ同じ音型を6回6小節にわたって続かせます。 楽譜上は、中の2回を左右の手を入れ替える指示がありますが、ピアノでは残念ながら何も変わりません。そこで、その2回をソフトペダルを使うことで変化を与えてみました。 ちなみに、曲としては、全曲の中でも傑出したものと思います。

最も感動を誘う作品

今のところ、 ソナタ K27 (Allegro) [mp3] [楽譜]ではないかと考えておりますが、まだ全曲を見ておりませんので、今後調査していきます。

最速

ソナタ K427、[楽譜]
「Presto quanto sia possible」(出来る限り速く)という指示がある唯一の作品。

他で使いまわされている / 最も有名

ソナタ K96 (Presto) [mp3] [楽譜]
快活で有名、シフラも演奏。跳躍と同音連打が楽しい作品。今後Googleで客観的に調査しようと思いますが、なんとなくこれは一番有名で覚えやすいかなと感じております。この作品は、スカルラッティのある「組曲」の終局に少しアレンジされたバージョンで使われています。

クロスリズム

ソナタ K466 (Andante) [mp3]
短調の美しい作品。珍しくクロスリズムが使われています。今のところ、この曲の「3:2」しか知りません。

繰返しがない

ソナタ K30 (Moderato) [mp3] [楽譜]
クレメンティにより「猫のフーガ」と名付けられた作品。この作品には繰返しがありません。同じく、フーガK41(6ページ)、K58(4ページ、半音階的)にも繰り返しはありません。

その他フーガ5つ:K87(2ページ)は繰り返しありそう。K417(D minor, Fuga, Allegro moderato)は未調査。

最も平易

ソナタ K380 (Andante comodo) [mp3] [楽譜]
今回色々録音する中で、一番最初に録音を試すのに使った曲です。鐘のように響くトリルが印象的。有名どころではこの曲が平易な方ではないでしょうか。

ゴドフスキに唯一編曲された作品

ソナタ K113、[楽譜]
レオポルド・ゴドフスキが「ルネッサンス」シリーズの中で編曲した、唯一のスカルラッティ作品です。理不尽な跳躍も多々ある作品ですが、これも感動を誘う傑作です。

K1、K555

<準備中>

クラスター

<調査中>

最も理不尽な跳躍のある作品

<調査中>

全後半で速さが異なる作品

<調査中>

最難曲

<調査中>

楽譜無料提供サイト等

2008/01/03
Werner Icking Music Archive: Domenico Scarlatti
K1〜176の全曲と、K541までの部分的なコレクションが掲載されています。特にK1〜176の束は、左手の音符の形を菱形にするという合理的な記譜をしています。美的には微妙なところですが、スマートではあると思います。それなりの校訂報告も各曲に含まれています。
Classical Net - Scarlatti Keyboard Sonatas - Longo Number
全曲のロンゴ番号とカークパトリック番号の対応リストがあります。速度記号も一覧で眺められます。

音源 new

2014/2/25
スコット・ロス スコット・ロスによるスカルラッティのソナタ555曲全曲録音
名盤です。実に淡々と同じわくわく感で555曲全曲を弾き通しています。グリッサンドの指定がないのにグリッサンドで弾くなど遊び心も有ります。