楽譜の風景 Home > What's new/雑記帳 一覧 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

What's new/雑記帳

2013/7/7 ピアノ男子比率の過去未来(PTNAデータから)

PTNAで「男性必見!「ピアノ男子」の割合を紹介!」なる記事がありました。

男性必見!「ピアノ男子」の割合を紹介!

<前略>そこで今回は性別という視点から、今年の4月〜6月のステップ参加者の男女比をご紹介します。ピアノ学習者は女性がほとんどというイメージが強いのですが、実際はどうなのでしょうか。

結果:男性の割合は17.7%。5〜6組に1人が男性という計算となりました。 また、過去と比較すると、2010年度の割合が16.6%、2011年度の割合が16.9%、2012年度の割合が17.5%であるという数字をからも、じわじわと男性の割合が増してきていることがわかります。

graph この太字にした3年間のデータを元に、過去と現在の男子比率をグラフに表してみました。

私がまだピアノを習っていた小学生の頃の男子比率、1980年で3.5%。確かに、その時期発表会(30名ほど)に男子は1、2名でした。実に恥ずかしかったのを覚えています。小学校では自分がピアノを弾くことは、まず誰にも伝えなかったです。 それが、大学になってピアノサークルで演奏し始め、OB演奏会などを企画すると、ほとんど男。大学院まで長々と残るのが理系男子ということもありますが。しかし、OB演奏会でもピアノを弾き続けるのは決まって男でした。ごくごく最近は色々な枠が取り払われた演奏会に参加することもあり、ようやく半々という感じ。ピアノを弾いていると女性に囲まれる、というピアノ弾き以外の美しき妄想は未だ味わえず。小学生の頃、もっと余裕があれば。。。

未来に目を向けてみると、男子比率が半分を超えるのが、2086年(50.75%)。随分と先になりそうですね。男子にはどちらかというとスポーツをやらせることが多いとは思いますが、ピアノもスポーツの一種です。そのことが広まれば、ピアノ男子比率が上向くのではないでしょうか。


→ これ以前のWhat's new/雑記帳 一覧