楽譜の風景 Home > PC/etc >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

肩こり予防 〜 パソコン・タイピング編

最小限の力・動きで最速のタイピングを
〜 シンプルピアノメソッドの補題として 〜
2013/6/24追記

ピアノ奏法の改善をタイピングに応用して肩凝りを治す(元から絶つ・無くす)

残業100時間/月でも肩が凝らないタイピング方法(実証済[笑])を編み出しましたので、ご報告致します。ピアノ奏法の改善を、そのままタイピングの改善に応用しました。

ピアノ奏法改善に関するコラムでは次のような話をしました:

この流れを応用し、ココでは以下のような流れで説明します:

ではまず初級編からご紹介いたします。

初級編

タイピングの改善

ドタバタと音を立てない
おりゃーとEnterキーをぶったたくのはストレス発散にはよいですが、 余計な力が入り、肩へのストレスがたまります。悪い癖なのでやめておきましょう。
指をキーから離さない
キーに触れたまま打ち続けるのがベスト。 これは、タッチタイプにも有利ですし。
指を曲げるようにしてタイプする
指を突き立てるのではなく曲げるようにする。 そうすると、キーから指が離れにくくなり、 キーを押した後に自然に指から力が抜けます。 余計な力が加わらなくなるわけです。 ただし、ピアノの鍵盤のように縦に長くないですから、 あまり大げさには出来ません。軽く曲げる程度、軽く指を手前に引く程度でよいでしょう。

上記タイピング方法の検査

タイピングしているときに、手首がカクカク動いていないか。 動いていれば、それは肩にまで負担がかかっています。 ピアノでも同じですが、手首の動作からキーを押すようではいけません。 あくまで指が手首から独立して動作すべきです。 そうすれば、肩への負担が激減します。 もし手首が宙に浮いて安定しないようなら、 パームレストを準備しましょう。

それ以外の簡単な改善箇所…集中/マッサージ

あまり仕事に集中しないこと
無駄な動きをなくすことは最重要課題ですが、 数10分ごとに体を動かし、血液の循環を促すべきです。
肩を叩いたり、揉むことはさけましょう
これらは、痛めている筋肉を余計悪化させます。それより、席を立って歩くことの方が効果があります。 もし立ち上がる暇すらなければ、肩を軽くさすってあげましょう首を左右に軽く傾けてストレッチするのも良いです。 ただし、「痛気持ちいい」くらいになっては筋肉のために良くありません。 全く痛くない程度におさえておきましょう。

中級編

完全なタッチタイプを習得する
目の移動が少ない
手・腕の動作が最小限で済む

目の移動が少ないということは、頭が無駄に動かないということ。首の負担が軽くなります。 また、10本の指を有効に使うので、我流タッチタイピングより、手・腕の移動距離が少なくなります。

タッチタイプが出来ないのは、箸の持ち方が悪いのと同等。より合理的な方法があるものは、最良のものを習得しておきましょう。

中には、左手は人差し指しか使わないとか、「a」だけが左手の担当、という人がいらっしゃったりします。 子供には矯正してくれる大人がいますが、大人にはいませんね。箸の持ち方がおかしい人よりタッチタイプが出来ない人の方が多いのは、そのせいかもしれません。 タッチタイプが出来ないことによる仕事の遅れは、他の全員に迷惑をかけているとも意識しましょう。 今からでも遅くはありません。修得して損はありません。

いくらでも楽しい方法があります。ゲーム(後ほど紹介)やメール、チャット等々。

【2013/6/24追記】タッチタイプを習得したら、キーボード裏にある足(爪)は倒しておきましょう。これはキー上の文字を見なければいけない場合に立てるものだそうです。実際、足を倒したほうが、指でキーを引っ掻いたときに指が引っかかりやすくなるので、打ちやすくなります。

「手首が疲れない」は気のせい!? キーボードに角度を付けるあの小さな足が必要な「本当の理由」 : ライフハッカー[日本版]

上級編

ショートカットキーを積極的に利用する
文章を打っているときにはマウスを使わなくて済むよう、ショートカットキーで代用します。
キーボードとマウス間の手の移動も負担があるので、キーボードとマウスを行き来しないようにしましょう。
バックスペースキーやカーソルキーを使わない
これらはホームポジションを保つには少々遠い場所に配置されております。横の動きも肩に負担がかかります。BSキーをctrl+hなどの ショートカットキーに代換するなどして、ホームポジションを保ち、タッチタイプを行使しましょう。
escキーやenterキーも近づけておく
esc⇔半角/全角、ctrl+m = enter のように、キーバインド変更ソフトを使って実現できます(フリーソフトあり)。
カーソルキーを使わない
カーソルキーへの移動だけでも腕肩に負担をかけています。UNIXのEmacsではctrl+p=↑、ctrl+n=↓、ctrl+f=→、ctrl+b=↓(それぞれprevious、next、forward、backの頭文字)と設定されています。
トラックポイント、トラックパッドを用いる
これらが付属しているキーボードやパソコンを購入しなければなりません。

上級編まで達成できれば、指先だけでほとんどの作業が完結します。 手首より手前はほとんど動かないでしょう。

総合検査

Typing Racer
楽しく自分のタイピングを検証しましょう。私はローマ字入力で隠れコースまで走破できました。ギリギリではありましたが(^^;。