楽譜の風景 Home > PC/etc > ほんとうはいらないもの >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

ほんとうはいらないもの 〜 肩もみ

2014/8/30

肩もみ

肩もみやマッサージで肩こりが解消した人を周りでみかけません。逆に、継続的に肩が凝っている人の特徴に、「マッサージに行っている」「肩をもんでもらっている」「肩に刺激を与える器具を使っている」などがあります。

確かに、肩もみは肩こり以上の痛みを与え、その痛みが治まると同時に肩こりも治まったかのように錯覚をさせる作用はあります。しかし、むしろ肩を揉んだり叩いたりすることで、肩の筋肉を細かく断裂させてしまうなど、痛みを悪化させることがあります。

肩こりの原因と治し方 〜 ジストニアが原因であることも

肩こりには様々な原因があります。よく起こる肩こりの代表は筋肉痛です。筋肉痛は放っておけば治ります。早く治すためにピッチャーなどがアイシングをしているのを見かけることがあります。あれは、肥大化した筋肉によって血管が圧迫されて疲労物質が取れにくくなるのを、アイシングによって筋肉膨張を防ぐためです。同じことをすれば治りやすくなるでしょう。しかし、そんなことをしなくても普通は治ります。

しかし、治らない代表例が3つあります。

  1. 継続的に肩の筋肉痛を起こす生活をしている場合
  2. 肩のもみ過ぎで筋肉炎症が起きている場合
  3. 肩の筋肉がジストニアを起こしている場合

1.について。まず、うどんを打つ職人には肩こりがない、という事実がTVで紹介されていたことが有ります。十分な筋肉がついていて、かつ肩の血流量が必要十分な運動であるためです。一方、パソコン仕事の場合、血流量が少ない割に細かい動きが続きます。特に、キーボードを打つ際にブラインドタッチができていない、手首が浮いた状態である場合は、筋肉に負担ばかりかかり、肩こりが継続すると考えられます。ブラインドタッチを習得して、腕や目・顔の細かい動きを軽減するなどして、肩こりにならないような工夫はいくらでもありますので、実行しましょう(【参考】肩こり予防 〜 パソコン・タイピング編)。私はデスクワークですが、それが理由で肩こりになったことはありません。

ピアノを弾く場合も、ピアノから遠い位置に座るなどして、腕に無駄な力が入った状態ですと肩こりが起こるでしょう。肩から腕がストンと落ちた位置であれば肩への負担は少ないです。

2.について。こちらは前述のとおり。肩もみや肩たたきを人に要求するのはやめましょう。また、痛みを感じるようなストレッチも炎症をおこす原因です。筋肉痛を治すのは血流のみ。やるとしても痛気持ちよくならない程度のストレッチを心がけましょう。ランニングなどの全身運動も効果的です。背中・肩部分の筋肉を鍛えあげるというのも手です。洗濯機がない時代に洗濯をしていた人たちは肩こりがなかったかもしれません。今ではそのような重労働を家庭内で探すことは難しいですけどね。

3.は、まだあまり知られていませんが、肩こりや肩のハリがずっと続く人の場合、その筋肉がジストニアにかかっているケースが多いことが、論文・書籍(右図)で報告されています。自分の意図に反してずっと肩の筋肉が縮もうとすると、肩が張ったままで、痛みも発症します。指のジストニアなどと同様、ボツリヌス注射を行うことにより治療されます。

ただ、これでも治らない場合もたまに有るようです。腰痛では少し有名になってきましたが、実際は何も問題はないのに脳が腰が痛いと感じる人がいます。それが肩の痛いでもありうるそうです。これについても、治療法があるようなので、継続的に痛む場合は病院に行かれることをお薦めします。

ただし、薬に寄る治療以外を施すところに行くのはお薦めできません。治らない場合が多いからです。肩もみ器具を売る会社や整体院などはマッチポンプである可能性があります。まずはジストニアなどを理解しているちゃんとした病院へ行くべきです。

なお、鍼治療は効き目があるかどうかは別として、肩に負担をかけない、ある意味肩の筋肉を放っておく治療なので、悪化はさせないと思われます。

肩もみが害悪であることをイメージするために、痛みのない部分を揉み続けてみる

例えば、凝りが全く発生していない腕の部分を、肩こりの時にするような揉み方や、固い器具で押したりし続けてみてください。3日も続けたら、打撲や筋肉断裂のような炎症が起き、健康だった腕に継続的に痛みが発生すると想像されます。

同じことを、凝りが発生している部分に施しても、同じ痛みが発生するだけであることが容易に想像つくと思われます。

普段発生した肩こり(筋肉痛)を治すには、血流に任せるしかありません。痛みが長く続く場合は、病院で治してもらいましょう。

参考サイト

肩こりの原因

  1. 肩こりのもう一つの原因、ジストニア
  2. 肩こりとジストニア・頭頸部ジストニー/痙性斜頚について・大阪豊中やすだクリニック
  3. 肩こり...5つの原因と予防策 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
  4. 肩こりの本当の原因と治し方 : おなかのなか
  5. 肩こりの対策|からだの症状|くすりと健康の情報局

肩もみの問題点

  1. 肩こりが辛い場合に無意識にする肩もみ等の行為が症状を悪化させることも - ライブドアニュース
  2. ストレッチとマッサージは筋肉を逆に硬くする? of 腰痛バイバイ(腰痛コラム)
  3. 肩こりは肩もみするほど逆効果なワケ|首が突然痛くて回らない
  4. たった10秒触るだけ!どうして?と疑いたくなるほど超簡単な肩こり解消法 | 美プラス?美容・健康情報サイト
    コツはもまないこと。