楽譜の風景 Home > Column > 「超」運指法 >

Frederic Chopin ショパン 幻想ポロネーズOp. 61の運指・指使い

2013/10/17

ショパン晩年の傑作の一つ。ラストのスケールの部分、和音まできれいにつなぐのが難しいところ。下記の譜例では、黒い数字で3種類の運指を載せていますが、私自身は、赤く書き込んだ運指にすると滑らかになると考えます。 これは、「黒鍵に小指」「小指→親指の移行」という2つのイレギュラーな指使いを採用することで可能になります。プロコフィエフがこの運指をよく使います。

譜例

上記譜面は、Karl Klindworth (1830-1916)、Xaver Scharwenka (1850-1924)による編纂版(IMSLPより)に、運指を追加したものです。

なお、「ピアノ運指法」(下山望著)には、幻想ポロネーズについて数ページを割いて運指を徹底的に検討しています。ご参照ください。