楽譜の風景 Home > Column > 「超」運指法 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

Gabriel Faure フォーレ 即興曲第3番Op.37の運指・指使い

1999/3/9 更新

即興曲第3番Op.37

ピンポイントで行きます!

外しやすい同音連打…片手にまとめて

フォーレのピアノ作品の中で最も美しい瞬間を含む可憐で高貴な作品。この曲、出鼻に何気ない難所があります。恐らく楽譜通りに弾くと高い確率で右手の最初の音が抜けてしまいます。これは一つ前に左手が同じD音をレガートで弾いてしまうからです。そこで、ここに現れる2つのD音を右手でまとめて弾いてしまいます。ただし、旋律を柔らかく導入させるために、鍵盤を叩かず、撫でるように弾く必要があるでしょう。こうすることによって音抜けの心配から解放されます(完全ではないでしょうけど)。同音連打は両手に分ける方が楽になるのが多い中、全く逆の発想となる珍しい解決法です。

譜例

以上、図例はピアノ運指法―譜例分類による:下山 望より引用させていただきました。