楽譜の風景 Home > Gallery > ダニール・クラーメル Daniil Kramer 6つの演奏会用練習曲 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

ダニール・クラーメル Daniil Kramer Даниил КРАМЕР

カプースチン、ローゼンブラットと共に活躍するロシア・ジャズ・コンポーザー・ピアニスト

6つの演奏会用練習曲 ШЕСТЬ КОНЦЕРТНЫХ ЭТЮДОВ

第1番 ハイウェイ Автострада

2009/7/22

クラーメルの練習曲は総じてカプースチンより簡素にかかれています。この作品、ほとんどが3段譜で書かれていますが、展開や技巧はシンプルです。ただし、最初から10度のひらきが要求されます。

譜例

2/2拍子、Presto。最初gを主音としたモード(旋法)で始まり、38小節間転調しません。以下は、メロディが現れる第17小節。gと淡々と鳴らすだけです。上2段が右手担当。10度が届かないとメロディが続きません。ペダルはもちろん使えません。

譜例

39小節目で初めてaのモードに移ります。ほぼ4小節単位で進みますが、たまにずれます。例えば、音型がユニゾンに変わる第55〜57小節は一時的に3小節となります。以下、全体の構成を図示します。

【数字は小節番号。半角文字(-,g,a)は1小節の長さ。アルファベットは主音。「|」はおおよそ区切り。】
  1|g---|----|----|----|----|----|------|----|----| (延々38小節gのモードが続きます)
 39|a---|----|----| (転調するも音型は同じ)
 55|a--|       (初めて音型が変わりユニゾンに)
 58|fis-|----|
 66|h---|----|h---|----|----|
             (↑74:主題がテノール声部へ)
 86|h---|----|--=|  (ユニゾン。=は2/4拍子)
 97|fis-|----|--|--| (同音連打)
110|h---|----|       (転調のペースが早まる)
118|g---|----|
126|c---|----|
134|f---| (ようやく主調が現れるが、以下目まぐるしく転調するため1小節ごとに記載)
138|c,c,c,c|des,d|c,c|as,as|des,c|f,f|b,b|es,es|as,as|c,c|
159|f-----|c---|f---|f--| (fの響きで落ち着いて完了する)

86小節目から長めのユニゾンが開始され、そのままカデンツァ的な同音連打の箇所が現れます。110小節からは主題が戻りますが、転調のペースが8小節に早まっています。134小節目で主調のfがようやく現れるものの、その後は転調の嵐となります。混み合って来たハイウェイを構わずスピードを上げて車を追い抜いていくようです。 以下は第144小節目以降の譜例。旋律に力強いオクターブが初登場。

159小節からは主調に安定し、再び車の混雑から抜け出たような開放感で閉じられます。

96小節目で2/4となりますが、97小節目には「C」(4/4拍子)記号があります。おそらく2/2拍子の誤りと考えられます。 また、辞書では「Автострада」は「スーパーハイウェイ」と訳されています。