楽譜の風景 Home > Gallery > ダニール・クラーメル Daniil Kramer 6つの演奏会用練習曲 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

ダニール・クラーメル Daniil Kramer Даниил КРАМЕР

カプースチン、ローゼンブラットと共に活躍するロシア・ジャズ・コンポーザー・ピアニスト
2009/7/22、2009/8/22更新

ダニール・クラーメルは現在もロシアで活躍しているジャズコンポーザーピアニスト。即興による演奏が中心と思われますが、 カプースチンやローゼンブラットと同じように、優れたジャズ作品を楽譜に書き留めてくれています。

今回ご紹介する6つの演奏会用練習曲は、カプースチンの傑作「8つの演奏会用練習曲」と合本で出版された作品。 8月に奏楽堂で演奏予定ですので、こちらで曲目解説をさせていただきたいと思います。可能であれば随時音源も掲載します。

6つの演奏会用練習曲 ШЕСТЬ КОНЦЕРТНЫХ ЭТЮДОВ

ダニール・クラーメル映像・経歴

映像 new

2009/8/22

即興演奏です。無駄によく動く足にも注目。

経歴

2009/8/17

Daniil Kramerは1960年にウクライナのハリコフ(ソ連時代モスクワ、レニングラードに続く第3の工業都市)に生まれます。ハリコフ特別音楽学校でピアノを専攻。15歳の時に、共和国のコンテストでピアニスト部門1等賞、作曲家部門2等賞を獲得しています。

卒業後の1978年、モスクワのグネーシン音楽大学(現在のロシア音楽アカデミー)に入学し、2年目にはチャイコフスキーコンクールの予選に参加。しかし、同時にオスカー・ピーターソン、チック・コリア、キースジャレットなどの影響を受け、ジャズへの興味を持つようになりました。1982年には、リトアニアのヴィルニスでジャズピアノ即興演奏コンテストで1位に。1984年からは世界中のジャズフェスティバルに参加し、シドニーやスウェーデンのジャズクラブでの主要メンバーとなりました。

1994年にはモスクワ音楽院史上初のジャズ即興演奏の講義を実施したりもしたそうです。現在もその超絶的な技巧で即興演奏を繰り広げています。