楽譜の風景 Home > Gallery > ダニール・クラーメル Daniil Kramer 6つの演奏会用練習曲 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

ダニール・クラーメル Daniil Kramer Даниил КРАМЕР

カプースチン、ローゼンブラットと共に活躍するロシア・ジャズ・コンポーザー・ピアニスト

6つの演奏会用練習曲 ШЕСТЬ КОНЦЕРТНЫХ ЭТЮДОВ

第4番 あこがれ Стремление

2009/8/15

Presto。調号はないがヘ長調で開始。A-B-A-コーダの構成。「Credo」と共に人気が出そうな逸品。2/2拍子のAは主題から裏拍の和音で始まるかっこよさ。

Bは7拍子(イ長調)でグイグイ押していきます。26小節目で一瞬A主題の変形が登場しますが、33小節目(Tempo I)でBの主題に戻ります。ただし5拍子で。

Aの再現部はト長調。なぜか4/4拍子に変わっている。主題が繰り返されるところではフォルテによるニ長調に。60小節目から小節が伸び縮みしていき(4/4→5/4→6/4 等)、67小節目には4/2となり、大きな山を描くような音型が4回繰り返され、クライマックスを迎えます。75小節目からはコーダと考えます。