楽譜の風景 Home > Gallery > ダニール・クラーメル Daniil Kramer 6つの演奏会用練習曲 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

ダニール・クラーメル Daniil Kramer Даниил КРАМЕР

カプースチン、ローゼンブラットと共に活躍するロシア・ジャズ・コンポーザー・ピアニスト

6つの演奏会用練習曲 ШЕСТЬ КОНЦЕРТНЫХ ЭТЮДОВ

第5番 春の気分 Весеннее настроение

2009/8/17

ロシアの長い冬が明けたときの春の喜びで血湧き肉躍るような躍動感に満ちあふれています。日本の春の気分、つまり、春眠暁を覚えず、や、春うららという気分とは全く異なった曲想に驚きます。

Presto、4拍子、ヘ長調。極めてシンプルな変奏曲形式。8小節のベース音がほぼ変化なく17回繰り返されます。拍子は違いますがバッハやゴドフスキのパッサカリアと同じような作りです。

繰り返し18回目に1小節目の主題が同じ音高で戻りますが、ここで初めて5小節目に転調します。転調までのじれったさは、ラヴェルの「ボレロ」に似ているかもしれません。ヘ長調→ト長調→イ長調→ト長調→ヘ長調、とヘ長調に戻ると、ジャズバンドのエンディングを模倣する形のコーダが現れ、全曲中最高の盛り上がりで終わります。

楽譜に指示はありませんが、演奏時はスウィングさせて弾こうと考えております(全曲で自作自演があるのは第2番Credoのみです)。また、譜例冒頭の上段2音目FはFisの誤りと考えられます(9小節目同型箇所参照)。他にもいくつか誤りと思わしきものがありますので適宜修正して演奏します。