楽譜の風景 Home > Gallery > ダニール・クラーメル Daniil Kramer 6つの演奏会用練習曲 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

ダニール・クラーメル Daniil Kramer Даниил КРАМЕР

カプースチン、ローゼンブラットと共に活躍するロシア・ジャズ・コンポーザー・ピアニスト

6つの演奏会用練習曲 ШЕСТЬ КОНЦЕРТНЫХ ЭТЮДОВ

第6番 動き Движение

2009/8/19

Presto、2/2拍子、ニ長調。A-B-A形式。3ページで終わるコンパクトな作品。

冒頭から始まる右手8分音符による無窮動的音型が特徴。最初の8小節は序奏と考えられます。

Bでハ長調に変わると、その無窮動的音型は左手に移り、右は属7和音主体の動きに。46小節目(調号上は48小節目)でニ長調に戻り、1〜2小節目の和声(と同音連打)がほのかに香ります(一応、Aの再現と想定)。しかし、主題の音型が明確に戻ることはなく、そのままスピードを落とすことなくラストまで突進し続けます。