楽譜の風景 Home > Gallery > Ligeti ピアノのための練習曲集 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

ピアノのための練習曲集第1巻

第5曲「Arc-en ciel 虹」

「Andante con eleganza, with swing」と指示された、静かで落ち着いた作品。冒頭(下譜例)には「dolce, con tenerezza(愛情を込めて), sempre legato, molto espressivo」とこれでもかという様な表現指示があります。拍子は、右≒3/4、左≒6/8と考えられます。

譜例

右手は比較的自由なリズムを刻みますが、左手は、12小節目(下譜例)等の例外を除けば、ほぼ6/8で貫かれています。 それは、アクセントの指示を見ると明白です。リゲティは「全てのアクセントは非常にクリアに演奏しなさい」と指示しています。これを守ることによって、上声と下声の独立が明白になり、それがこの曲の1つの特徴となります。

譜例

11〜13小節目(上譜例)に「allarg. - pesante - accel. - allarg. - accel. (- a tempo)」と指示されているように、この作品は頻繁にテンポが揺らぎます。しかし、常にa tempoに戻る必要があり、確固たるテンポ感が必要となります。

次の18小節目は、ドビュッシー風の記譜でテンポが緩やかになると共に、左右の手の拍子が揃います(19小節目まで)。

譜例

20小節目からは再び最初の拍子が戻り、3/4と6/8のアクセント指示が貫かれたまま、最高音に消え入ります(下譜例)。

譜例

静寂の旋律は、見えない弧(虹)を描きながら、第6番「ワルシャワの秋」の序奏に繋がります。