楽譜の風景 Home > Column > 楽譜の比較 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

楽譜の比較 〜 Granados グラナドス

異なる版が存在する作品の楽譜選びをお手伝いします
2008/9/14、2010/2/25 更新

Goyescas ゴイエスカス

ラローチャ監修のグラナドス全集も発売されていますが、ゴイエスカスは未入手です。それ以外の3つの邦版についてレビューを書きます。 この中でお薦めは唯一全音版です。

  1. 全音版 Granados ゴイェスカス、エル・ペレレ、間奏曲 new
    正確性=?、校訂報告=△、運指=△、解説=○、網羅性=◎、価格=○(2000円)
    ゴイエスカス全曲、「エル・ペレレ」、そして「間奏曲」まで含まれた楽譜。「間奏曲」はオペラ「ゴイエスカス」用に作曲された間奏曲で、グラナドス自身のピアノ編曲版が納められている。アルベニスと同様、初版に誤記の多い作品。自筆譜、スケッチ譜、オペラ譜、初版、その後の版を比較し、誤謬を正している。ただし校訂報告は楽譜の下に書き込まれているのみ。運指はグラナドスによるもの(斜体)がほとんどだが、わずかに校訂者の運指も追記されている。大した工夫は見られない。ペダルは逆に校訂者による追加が多い。senza. Pedやuna cordaなどまるで作曲者が書いたかのような校訂者の書き込みは蛇足だと考える。作曲者による書き込みは「斜体」でcol pedal等書き込まれてはいるのであるが、校訂者の書き込みが非斜体であることはどこにも解説されていなくて分かりにくい。正確性については、まだ第1曲とエル・ペレレしか試していないので、今後しっかり譜読みすることがあれば書きたいと思います。なお全音版をネットで探す場合は「ゴイェスカス」と「ェ」を小さい文字にしましょう。「ゴイエスカス」では検索出来ません。全音は損していると思われます。 楽天はこちら

以下は選外です