楽譜の風景 Home > Column > 楽譜の比較 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

楽譜の比較 〜 Scriabin スクリャービン

異なる版が存在する作品の楽譜選びをお手伝いします
2014/7/19 更新

ピアノ・ソナタ、練習曲集

  1. 春秋社版 スクリャービン全集(第1巻:ソナタ集)第2巻 スクリャービン 春秋社版 練習曲全集(第3巻)
    正確性=○、校訂報告=△、運指=◎、解説=○、網羅性=○
    校訂報告は他の春秋社の楽譜を担当していた森安氏のものに比べれば微々たるものですが、楽譜そのものが比較的正確なのでお勧めです(手元にある初版本は臨時記号の付け忘れなどは結構あります)。また、運指・両手への配分は現存の楽譜で最高のものです。手の小さな人への演奏の工夫も述べられています。また、練習曲集では唯一Op. 8-12異稿が含まれているのも嬉しいところ。中間部が長調となっています。
  2. 全音版 スクリアビン ピアノ曲集第1巻エチュード集ソナタ集上巻下巻
    正確性=◎、校訂報告=△、運指=○、解説=○、網羅性=○
    校訂報告は無し。楽譜そのものは正確です。運指・両手への配分は春秋社版ほどは練られていません。

前奏曲集

  1. 春秋社版 スクリャービン全集(第4巻:前奏曲集)
    正確性=○、校訂報告=△、運指=○、解説=○、網羅性=○
    前奏曲集として出版された作品をすべて網羅しています。ただし、他の曲集に含まれる前奏曲は春秋社版スクリャービン全集の第7巻「小品集」に収められる予定です。初版を元にした校訂、左右の手の配分を考慮した自由な運指(ねじれ、スライドの活用)、各作品毎のエピソードなどを添えた充実した解説など、前奏曲集としては唯一無二の価値を有する楽譜です。編集校訂は伊達純、岡田敦子。
  2. 全音版 スクリアビンピアノ曲集(第4巻)
    正確性=○、校訂報告=×、運指=△、解説=○、網羅性=×
    90曲ある前奏曲のうち65曲が抜粋され収録されています。運指はスクリャービンの良き紹介者であったヨゼフ・レヴィーンが伝えたとされるものらしいですが、春秋社版ほど使えるものではありません。校訂報告はありませんが、自筆譜、生徒への指示などを研究しており信頼性あり。編集は平井丈二郎。

マズルカ・即興曲集 new

scriabin-春秋社
  1. 春秋社版 スクリャービン全集(第5巻:マズルカ・即興曲集)
    正確性=○'、校訂報告=○、運指=△、解説=○、網羅性=○
    2014年出版。1999年に出版された第4巻「前奏曲集」から15年の月日を経てようやく出版された第5巻は、作品番号付きのマズルカと即興曲が収録されています。スクリャービンの初期の作品でショパンの影響を受けつつもスクリャービンならではの甘い和声と力強い低音などの特徴が楽しめます。個人的にも好きな作品群です。
    初版譜やペータース版などを元にした校訂。運指は控えめながら新たに付与されています。マズルカを試し弾してみたところ一箇所(Op. 25-2 80小節目上段第1音)間違いが有ったので正確性は○'。校訂報告は大変控えめな書き方ながら多くのミスが直されているので○としました。編集校訂は伊達純、岡田敦子。

詩曲「炎に向かって」等

  1. 春秋社版 スクリャービン全集(第6巻)
    正確性=○、校訂報告=△、運指=○、解説=○、網羅性=○