楽譜の風景 Home > Column > 「超」整理法と文房具 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

楽譜と筆記具

「超」整理法と文房具 番外編
2007/4/12、2008/3/17 消しゴム追加

印刷された楽譜に指使いやメモを書き込むための筆記具選びについて述べます。楽譜の音符を書くための筆記具ではありません。

「超」整理法では筆記具については触れられていないので、この章は「楽譜の風景」オリジナルとなります。

【推薦】鉛筆(三菱Hi-Uni)

書き味の滑らかさでは、 三菱鉛筆Hi-Uniの3B が一番です。この3Bの濃さは、楽譜だけでなく、封筒のタイトルを書くのにも最適の硬度です

もし、デザインがお洒落なドイツの名門「 ファーバーカステル」にするなら、4Bを選ぶと良いでしょう。最初3Bを購入して、なんか硬いなと思いました。ヨーロッパと日本では硬度の表記に差があるとのことです。ただ、4Bでも滑らかさはHi-Uniに劣るような気がします。

一方で、使っているうちに鉛筆にも不満が出始めました。携帯に不向きなのです。胸ポケットに挟むことも出来ず、鉛筆削りも携帯しなければなりません。キャップも必要になります。私は電車で立っているときも、運指を書いたりしますが、そういう場合、キャップを片手で外すことが出来ないのが面倒に感じたりしています。

以上から、鉛筆は携帯を考えると難あり。室内で使う分には問題ない、と言えます。電動の鉛筆削りもあるでしょうし。しかし、携帯するには、鉛筆以外のものを考える必要が出てきました。

パーフェクトペンシル

鉛筆以外の選択肢として最初に検討したのが、ファーバーカステルの パーフェクトペンシル(右図)です。これは、鉛筆削りを内蔵したキャップに止めピンを付けたもの。ついでに鉛筆側に消しゴムも付けることで、「携帯」「削る」「消す」の全てを満たした、機能的にパーフェクトな鉛筆と言えます。写真でご紹介しているキャップと鉛筆のセットは1つなんと30,000円。市販されているものとしては世界最高額の鉛筆ではないかと騒がれたもの。プラチナコーディングされた光沢ボディはほれぼれするくらい美しいです。この製品の難点は、鉛筆本体が少し太いことです。つまり、専用の鉛筆でなければ使えず、3Bの濃さがありませんでした。

実は他にも2製品(左下図はその1つ) 有り、それらは通常の太さの鉛筆を差し込むことが出来ます。しかし、携帯しているときに削るとゴミが外に出てしまいます。結局、鉛筆削りはゴミが出ないものを携帯した方がよいのではないか、という結論に至ります。また、どちらのパーフェクトペンシルもキャップそのものを外すという作業が手間であることは鉛筆と変わり有りません。


芯ホルダー

様々な芯の太さ(と濃さ)が用意されている芯ホルダー(日本では芯フォルダと表記したページの方が多い)。これは、鉛筆やパーフェクトペンシルのようなキャップが必要ありません。また、胸ポケットに引っかけるピンを付属したものが存在します。しかしながら、背のボタンを押すと、芯がすとんと落ちてきてしまうところが難点です。カチッカチッとシャープペンシルのようにコントロールできた方がよいです。したがって、お薦めは出来ません。右図はファーバーカステルの4B芯ホルダーです。

【準特選】 2mm芯シャープペンシル(ステッドラー)

シャープペンシルは、芯ホルダー同様、キャップが必要ありません。引っかけ用のピンも付属しています。さらに、芯がすとんと落ちることもありません。

このステッドラーの2mm芯のシャープペンシル、ずっしりとした重みもあり、書き味が最高です。持った感じの感触が素晴らしく、見た目も1000円とは思えない高級感があります。

しかし、非常に残念なことがあります。芯ホルダーと同様なのですが、芯を削る必要があると言うことです。2mmという太さは鉛筆の芯とほぼ同じ。鉛筆は木の部分を削る際に、芯の部分も削ります。このシャープペンシルは芯の部分だけを削る必要があります。この手間は、実は鉛筆とそれほど変わりません。芯は意外に硬く、鉛筆を削るのと同じ時間がかかるような気がします。ゴミの出方が非常に少ないため、小さめの削り機を携帯するだけで問題はありません。それが若干の向上点です。

0.9mmのシャープペンシルなら削らなくて良いと思ったのですが、3Bの濃さがありませんでした。

ITOYAオリジナルの2mmシャープペンシル も発売されておりました。これはグッドデザイン賞を取っています。木製で軽いため、書き味という点では、ステッドラーに劣っているように感じます。軽いため、シャツの胸ポケットにはちょうどの軽さかなと思い、同時購入はしておきました。夏場に活躍するかもしれません。

なお、芯は問答無用で三菱のHi-Uni 3Bを購入しました。前述通り、Hi-Uni鉛筆を愛用していたもので。他のは試していませんが、素晴らしい書き味です。

最後に付け加えるならば、ステッドラー2mmシャープペンシルは木を使わないので、エコでもあるかもしれません。


筆記具 今後への期待

運指を書くには、2mmは太いような気がします。削らなくて良い細さ、例えば0.9mmや1.5mmくらいで3Bの芯が出ないかと期待しております。それに、よく消える消しゴムが付属したものがあればベストです。そのようなものを見掛けたら是非ご連絡下さい。

消しゴム

2008/3/17

ズバリ!3Bの鉛筆にぴったりの消しゴムは、 プラス PLUS AIR-IN SOFT です。

「消しゴム」でGoogle検索して上位に現れる、消しゴムの性能表消しゴム研究室 などのページで絶賛されているシリーズPLUS AIR-INシリーズの中で、柔らかめ・濃い目の芯にぴったりなのがこのAIR-IN SOFTです。

Rader、MONO、UNIなどの有名どころを跳ね除ける消字力があります。鉛筆といい消しゴムといいこれだけの人口をかかえるこの世界で、迷うことなく一つの最高の製品を選べることは清々しいことです。1個100円です。