楽譜の風景 Home > Gallery > Kapustinの世界 > Kapustinの音源

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

カプースチンの音源 〜 作曲者自身による録音

目次

  1. 作曲者自身による録音 〜 Recordings by Kapustin 2010/5/6
  2. 作曲家以外の演奏家による録音 〜 Recordings by the other performers 2011/7/24 new
  3. Wanted! 2009/7/4

1. 作曲者自身による録音 〜 Recordings by Kapustin

  1. Nikolai Kapustin: Music from 60’s and 70’s (息子さんの無料MP3サイト)

    LP等でしか手に入らないカプースチン1960〜70年代の音源。息子さんのアントンさんのホームページで公開されました。ゆったりとした甘い音楽から、スピード感溢れる作品まで極めて貴重なMP3集です。無料で聴くことが出来ます。Youtube映像へのリンクもあります。

    Nikolai Kapustin, Alexander Zagorinsky: Beethoven, Chopin, Kapustin
  2. Nikolai Kapustin, Alexander Zagorinsky: Beethoven, Chopin, Kapustin 2009/7/4
    1. Beethoven: 7 Variations on the Theme from Mozart's opera "Magic Flute", WoO 46
    2. Chopin: Polonaise Brilliante, op.3
    3. Kapustin: Sonata No.1 for Cello and Piano, op.63
    4. Kapustin: Sonata No.2 for Cello and Piano, op.84 (Dedicated to Alexander Zagorinsky)
    5. Chopin=Sarasate: Nocturne in E flat major, op.9 No.2
    6. Kapustin: "Daybreak" fo Piano, op.26 (with pizzicato cello)

    当ホムペ立ち上げ時からWanted!で捜索していたチェロソナタの1999年録音が、10年経って発売されました。Nikolai Kapustinのピアノ、Alexander Zagorinskyのチェロによるアルバム。注目すべきはカプースチンの自作以外の演奏が聴けること。伴奏ですがベートーベンとショパンのピアノ演奏が聴けます。ショパンのポロネーズは特にカプースチンの余裕を持った技巧による指さばきが実に鮮やか。自作自演で聴かれる几帳面なタッチが凄すぎてコミカルにさえ聞こえます。チェロ・ソナタはチェロにたいへんな技巧を要求しているようで、奏者の顔が引きつっているのが見えるようです。狭めのライヴハウスでの録音に感じます。第1番は4楽章制。第2番は3楽章制でZagorinskyに献呈されています。どちらも約20分。

    リンク先はEbay。カードの登録・購入などで少し手間取りましたが、無事ロシアから直接届きました。執筆時点で送料込み$15.55。Ebay以外で発売されているのは見かけませんでした。

  3. カプースチン・リターンズ! 2009/1/8 カプースチン・リターンズ!
    1. アリー・バロッソの『ブラジルの水彩画』によるパラフレーズ作品118[3:17]
    2. 装身具のような2つのエチュード作品122:第1曲ヴィヴァーチェ[4:45]
    3. 装身具のような2つのエチュード作品122:第2曲コン・アレグレット[3:37]
    4. ジ・エンド・オブ・ザ・レインボー作品112[2:28]
    5. ユーモレスク作品75[5:21]
    6. ファンタジア作品115[4:13]
    7. ジンジャーブレッド・マン作品111[3:56]
    8. ヴァニティー・オブ・ヴァニティーズ作品121[4:02]
    9. スパイス・アイランド作品117[5:38]
    10. 『ブルー・ボッサ』ケニー・ドーハムのメロディーによるパラフレーズ作品123[4:25]
    11. カウンタームーヴ作品130[5:57]
    12. ピアノ・ソナタ第16番作品131:第1楽章アレグレット・コン・モート[4:38]
    13. ピアノ・ソナタ第16番作品131:第2楽章ラルゲット[5:53]
    14. ピアノ・ソナタ第16番作品131:第3楽章アレグロ・ジョコンド[3:49]

    まさかの復活!カプースチンがピアノソロで帰ってきました。しかも、作品番号111以降の新作と、難曲ユモレスクを集めた意欲作。ソナタも第16番。どんどん進化しています。

  4. Kapustin plays Kapustin / Piano Sonata Nos.2 & 3 Triton, DICC-26073 (2001/11/25発売、2004/10/11現在絶版状態、2005/8/25再発売) Kapustin plays Kapustin

    ソナタ第2,3番は、録音されたもののマスター音源が紛失していたもの。数年間捜索され、ようやくロシアの地から発掘された幻の逸品。相変わらずのドライ・タッチで弾き進まれていきます。どんなに音の混み合うところでも決してリズムを失いません。注目すべきは第2番の最後の音。強烈なグリッサンドの後に添えられるようにして弾かれる最終和音がなんとお洒落に奏でられていることか!ペトロフから始まった歪められたソナタ像が、この音源の発掘で初めて正されたのかもしれない。第3番の洒落た雰囲気もまた格別。Andanteは「Piano Sonatas Nos.4-6」(旧Jazz portrait)にも収録されていますがが、録音はこちらの方が新しいです。(2001/11/25記載,旧Triton, DICC-26073)

  5. Kapustin plays Kapustin / Piano Sonatas Nos.4, 5 & 6, Ten Bagatelles, (2004/10/11現在絶版状態、2005/8/25再発売) Kapustin plays Kapustin

    絶版になっていたCDの再販。この中では10のバガテルが特に面白い。ノリノリです。Andanteはたいへん美しい作品。ソナタの中では第6番が一番盛り上がります。楽譜も発売中。 (旧「Kapustin plays Kapustin -jazz portrait-」 VIST MK417051, Tritonでも発売されたことがあります)


  6. 「カプースチン:ラスト・レコーディング」 Triton, OVCT-00017, 3000円 (2004/10/20 発売予定) Kapustin plays Kapustin
    品番:OVCT−00017 価格:3000円(税込)
    レーベル:TRITON

    悲しいけれど、ラスト・レコーディング!ファン待望の新作が作曲者自身の演奏で聴ける最後のチャンスかも。レコーディング後、担当していた会社Tri-Mがなくなってしまい、我々をやきもきさせてくれたこのCDが、ついに姿を現します。

  7. Kapustin plays Kapustin Vol.1 "Eight Concert Etudes, Sonata-Fantasy" Triton, DICC24058 (2000/7/21 初CD化、2004/11/17 再発売) Kapustin plays Kapustin

    カプースチンと言えばまずこのCD。8つの演奏会用練習曲を聴かずしてカプースチンは語れません。 この作品を聴いてカプースチンを好きになった人数知れず。そして、自分で弾こうとして玉砕した人も数知れず(私を含む[笑])。

    幻想ソナタ(ソナタ第1番)も非常にかっこよいです。楽譜も全て発売されておりますので、新たなピアノレパートリーの開拓にもお勧めです。

  8. Kapustin plays Kapustin Vol.2 "24 Preludes" Triton, DICC24059 (2000/7/21 初CD化、2004/11/17 再発売) Kapustin plays Kapustin

    ついにCD化発売された、カプースチンの自作自演集!文句なしの名演ぞろい!!(2000/7/21記載)

    If you don't live in Japan, you can get these CDs at Boheme Music or Musica Bona.

  9. Nikolai Kapustin "24 Preludes and Fugues for piano Op.82" Triton, DICC-40001, 2CDs, \3500(2001/3/24, 2004/7/22 再発売) Kapustin plays Kapustin

    Tritonからの自作自演第3段!格好良すぎの前奏曲とフーガ24連発!!おまけの室内楽作品も素晴らしい出来。


  10. Piano Quintet / Nikolai Kapustin, Triton DICC-26067 (2001/5/25, 2004/7/22 再発売) Kapustin plays Kapustin

    どれも素晴らしい室内楽作品ですが、特に、2羽の小鳥がさえずるようなフルートが魅力的な第3曲と、協奏曲並みの圧倒的迫力である第4曲に注目!


2. Wanted!

  1. [this title is unknown (piano, Kapustin)], recorded in July 1999 (CD)