楽譜の風景 Home > Gallery > Kapustinの世界 >

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

Nikolai Kapustin Q & A

2004/8/31 更新

以前からカプースチンに関するお問い合わせをよく受けていましたが、2000年7月の自作自演のCD発売以来の反響は、予想を上回るもので、たいへんうれしく思っております。そこで、よく受ける質問とそれに対する答えを以下にまとめました。これ以上の内容については、問い合わせをいただいても答えることが出来ませんので、ご了承下さい。

Q. 楽譜の出版状況・予定は? 2004/8/31 new
A. Tri-mからカプースチン自身による監修が行われた正規楽譜の出版が開始されました(2002/7/7)…が、現在は以下の会社に引き継がれております:
楽譜の入手先1
(有)ヴァリアス・サウンズ・アンド・プロダクションズ
info@varioussounds.com
楽譜の入手先2
全音から、8つの演奏会用練習曲、24の前奏曲集が2004年11月頃発売予定
販売中 new
2004/8/31現在、以下の2曲がヤマハの店舗などで発売中:
  • Toccatina Op.36
  • Piano Sonata No.6 Op.62
アムランの2枚のCDとのコラボレーション出版かな!?
CDを再発売してくれた会社
(株)オクタヴィア・レコード
03-5561-8988 exton@octavia.co.jp
皆様のリクエストが発売への近道かもしれません(^^)b
その他
イギリスのカプースチン協会では既にソナタ全12曲「24の前奏曲とフーガ」が清書されている模様です。現在契約関連の処理で停滞中。

過去の作品リストと出版状況についてはCompotisions by Nikolai Kapustinに記載してあります。(2003/9/17 近いうちに新しい情報を盛り込んで更新します)

ロシアから出版されたソナタ2番の楽譜について(2001/10/17)カプースチンは憤慨しているそうです。これまでの経緯を簡単にお話しますと…ソナタ第2番をムジカ出版社に入稿しても全く出版されませんでした。それが出版履行期限が切れる1年前になって突然出版をすると言い出してきたというのです。すでに諦めかけていたカプースチン側は他の出版社を探しました。それと前後してムジカへの出版停止も要求したようです(現在事実関係確認中)。その後カプースチン協会から作曲者自身による校正譜が出ると決まりその出版を待っていた矢先に、ムジカは出版を開始しました。カプースチンによるチェックを一度も通さずに。以前にも別の作品が契約が切れる1ヶ月前になってようやく出版されたことがあったそうです。この曰く付きのソナタ2番の楽譜、ヤマハやアカデミアでも既に売られています。このことを先日来日したカプースチンのマネージャーに話したら信じられないと言っていました。これは明らかに著作者が望んでいない(意図していない)出版譜です。作曲者自身の校訂は入っていませんから、この楽譜は内容的にお勧めできません。購入には十分な検討が必要です。

(2000/8/1)では私はなぜ楽譜を持っているかというと、カプースチンから直接送っていただいたのです。数百ページという量に目が飛び出るほど喜び、数百ドルのお礼をさせていただきました。かつてはその楽譜をカプースチン普及のために、必ず演奏していただくことを条件にカプースチンのファンにコピーしてお配りしていましたが、現在は中断させていただいています。せっかく出版される楽譜が売れなくなっては困りますからね。実際はコピーする時間をほとんど取れなくなってしまったのが根本的な理由なのですが…。今は現在最も魅力的なピアノ作品を産み出してくれているカプースチンに、正当な対価が支払われていくことを何よりも願っています。

Q. どのような音源が出ていますか? 2003/9/17
A. こちらに記載してあります→Discography of Nikolai Kapustin 2001/9/10
2003年、カプースチンのラストレコーディングが無事終了しております。しかし、発売についてはTri-m閉鎖により頓挫しております。カプースチンの日本国内著作権を引き継いでくれる会社からの発売を期待しているところです。また、アムランも既に録音を終えており、これは来年には発売されると思われます。
Q. カプースチンに関する記事(出版物)は何かありますか? 2000/8/1, 9/2更新
A. 2000年の出版物には以下のようなものがあります:
  1. カンパネラ10月号…8月に創刊した音楽雑誌。私の書いた文章「われら、カプースチン同盟…驚異のピアニスト・コンポーザーの素顔」が載りました(^^;;;。
  2. グラモフォン・ジャパン9月号…KapustinのCD評があります。なぜか、私の周りの活動について出ています。微妙に事実と違っていますが面白く書かれています。誰が書いたんでしょう(^^;;
  3. グラモフォン・ジャパン8月号…Kapustinインタビュー記事があります。
  4. レコード芸術8月号…高久さんの気合の入ったお話
  5. ショパン8月号…本邦初公開のカプースチン・インタビュー記事(小沼純一さん)
  6. musee vol.26 (無料)…同じくインタビューを交えた小記事(小沼純一さん)