楽譜の風景 Home > Gallery > イベリアの風景

【演奏会告知】 社会人アマチュアのための第2回ショパンエチュード大演奏会
2017年1月15日(日) 11:45〜 小岩アーバンプラザ 入場無料
ショパンとスメタナのエチュードを演奏します

イベリアの風景

アルベニス 『イベリア』 12の新しい"印象"全4巻(1905-08)
Isaac Albeniz <Iberia> 12nouvelles "impressions" en quatre chiers
とその周辺
2008/11/24、2009/12/8 更新

スペイン生まれの作曲家アルベニスが生んだピアノ作品の最高傑作「イベリア」の魅力を中心に譜例を交えてご紹介します。極めて演奏困難な曲集ですので、特に優れた3つの校訂版(春秋社[森安校訂]、Alpuerto[Iglesias校訂]、Emec-Edems[Gonzalez校訂])で提示されている演奏法の比較も織り込んでいきます。また、実際の演奏録音の比較も載せていけたらと思っています。

作品紹介(譜例・音源付)

イベリアの風景
アルベニス(Albeniz) 組曲「イベリア」 <Iberia> 12nouvelles "impressions" en quatre chiers 1905-08
第1巻
エボカシオン Evocacion
港 El Puerto
セビリアの聖体祭 Corpus-Chrisi en Sevilla
第2巻
ロンデーニャ Rondena 2008/11/11更新
アルメーリア Almeria
トゥリアーナ Triana
第3巻
エル・アルバイシン El Albaicin
エル・ポロ El Polo 2009/12/8更新 new
ラバピエース Lavapies
第4巻
マラガ Malaga [Ogg音源付き] 2004/4/24
ヘレス Jerez 2005/8/9
エリターニャ Eritana 2008/9/2
「ラ・ベーガ」(La Vega 1897) [mp3付] 2001/11/29、2008/9/26
アルベニス最初の傑作
「スペイン 〜 思い出」(Espagne [Souvenirs] 1897頃) [mp3付] 2003/2/4
「ラ・ベーガ」や「イベリア」とそれ以前の作品をつなぐ作品
「ナバーラ」(Navarra、セヴラック補追完成)2008/10/28
「アスレーホス」(Azulejos、グラナドス補追完成)2008/11/24 連載最終回

楽譜一覧

楽譜一覧とお勧め楽譜ランキングは、楽譜の比較で。

お薦め音源

  1. Albeniz 音源 ラローチャ アルベニス「イベリア」全曲 80年代デジタル録音(2枚組)
    録音の良さも手伝ってか、イベリアの美しさが全面に押し出された名演。余裕綽々で自由なリズム感も絶品。また、ラローチャは低音の補強を行ってくれたりで、男性的な演奏をしています。極上の「ナバーラ」付き。輸入盤なら4000円弱。
  2. ラローチャ アルベニス「イベリア」全曲 70年代アナログ録音(2枚組)
    「セビリアの聖体祭」など一部は80年の録音を凌ぐテクニック・突進力が聴かれます。音質はやや堅く、リズムに鋭さがある。国内版でもかなり安く手に入るはず。ちなみに、60年代録音のCDも発売されています。いずれも「ナバーラ」付き。
  3. Albeniz 音源 岡田博美 アルベニス「イベリア」全曲 1998/5/15紀尾井ホールライヴ録音(1枚に全曲収録、カメラータ)
    ラローチャに並ぶ名盤が誕生しました。全曲が78分強で収められており、全体を通じてアップテンポなため、楽しい雰囲気でいっぱい。生き生きとしたリズム感も抜群。「セビーリャ」のラストなど寒気します。しかも、HeisserやMuraro(1枚に全曲収録)のような粗雑さもなく、音質は常に美しくまろやか。装飾音や音そのものもアルベニスの精神に乗っ取った正確さ。音塊の中からの旋律線の浮き彫りも絶妙。申し分有りません。実はこのライブ、私自身その場に居合わせたのですが、そのときの熱っぽさはこのCDではそれほど感じません。拍手や会場の雑音があまり聞こえないところをみると、リハーサル演奏からの挿入や雑音のカット等手を入れているのかもしれません。ただ、演奏としての完成度はライヴ以上という感じがしますので問題なし。文句無しにお薦めできます!
  4. Albeniz 音源 マーク=アンドレ・アムラン Marc-Andr Hamelin「イベリア」全曲、ナバーラ(ボルコム補追版)、ラベーガ new アムランのユーモアセンスが「イベリア」の明るさにマッチしています。技術的にはもちろん申し分なし。名盤がまた増えました。
  5. Albeniz 音源 ラローチャ "Isaac Albeniz Obras pasa piano" 59年アナログ録音(EMI CDM 7 64523 2)
    イベリアは入っておりませんが、晩年の知られざる傑作「ラ・ベーガ」と「アスレーホス」が録音されている貴重な音源。若きラローチャの無尽蔵のテクニックに裏打ちされた熱っぽい名演が聴くことが出来ます。
  6. Albeniz 音源 アンウィン(Unwin) 2000年録音(1枚 Chandos)
    「セビリアの聖体祭」の手を交差させる部分の明瞭さ、「ラバピエス」の対位法的処理の鮮やかさなどは過去のどの演奏よりも秀逸。ただし、「港」、「ロンデーニャ」や「ヘレス」などのトリルの扱いが間違っており、問題もあります。このCDですり込みをされるとまずいため、イベリアとしてはラローチャ、岡田の次に買うCDとしてお薦めします。1枚に収まっているので2000円台。

音源一覧

現在手元にあるイベリア全集系の音源は以下の通り(録音の新しい順):

これ以外にお薦めの全集系演奏があればお知らせ下さい。

オーケストラ版については、アルボス版と全曲版を所有しております(ナバーラ含む)。